トロコイド博士のページ


よくある質問


回転方向と吸入、吐出方向を変えて使う事が出来ますか


トロコイドポンプは、可逆式ポンプを除き回転方向と吸入、吐出方向は固定されております。回転方向を間違いないように銘板の回転方向を確認の上、ご使用下さい。
トロコイドポンプの回転方向はポンプ軸側より見て、時計回転を右回転、反時計回転を左回転といいます。 回転方向と吸入、吐出については形式によって違います。 

●回転方向と吸入、吐出について

回転方向が矢印回転の時は油の流れは矢印方向です。
吐出側に圧力がかかりますと、ロータ側面の隙間から圧力油が洩れ軸受け隙間Aを経てオイルシール室Cに流れます。
オイルシール室Cは、小穴Bがあるため吸入圧力となります。
回転方向が逆になると、油の流れも矢印と逆になり、吸入、吐出出口も逆になります。吐出側に圧力がかかると、油圧油は小穴Bを通りオイルシール室に溜まり、吐出圧力になります。吐出圧力がオイルシールの耐圧を超えるとオイルシールは破損し油洩れを起こします。