選定のヒント

油圧制御バルブ

カウンターバランスバルブ

油圧モータを使用して、負荷(荷物)を上げたり、下ろしたりする場合、特に下降時、
下降速度に加えて、負荷による自然落下の力が加わります。
この為、ポンプからの供給油量以上の速度になり、下降速度を制御する事ができなくなります。
従って、油圧モータの戻り側の回路に背圧をかけて速度制御を行なう働きをするバルブです。

ブレーキバルブ
急停止などを行なう際、負荷による慣性力が働き、すぐには止まりません。
この為、回路内の圧力が異常高圧になり油圧機器の破損の原因となります。これを防止する働きをします。
クロスオーバーリリーフバルブ

主に、圧力を一定に設定するために使われています。
また、回路内に異常な圧力がかかった場合に、過剰な油圧を逃がす働きを持っています。

モータに取付けて安全性・
安定性をアップできます
閉じる